HSP・繊細さんに着物がある生活をおすすめしたい理由

着物、というと皆さんどんなイメージを持たれるでしょうか。

私は結婚式や成人式、七五三などの冠婚葬祭を連想し
なんだかお堅いイメージがありました。

普段触れるものではなく
手が届かないもの

私には縁がないもの

古くて、
伝統的で、
型にハマっている
息苦しい

そんな感じです。

でも、違いました。

最近着物の面白さに出会ったのですが
着物ほど遊び幅があるものはないです。感動しました。

めちゃくちゃ初心者ですが笑
着物のある生活の素晴らしさを
少し語らせてください。

(※Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくは運営者情報をご覧ください。)

着物屋さんで感動した美しさ

最近娘が産まれ、お宮参りの写真をプロにお願いすることにしました。

当日着る着物を着物屋さんで見せてもらうことになり
実際に見せてもらって

その美しさにものすごく感動しました。

着物の実物を見たのがかなり久しぶりであったこともあると思うのですが

何これ!!!!すごい!!!

と思ったのです。

薄いピンクや白、赤
発色が眩しいくらいで生地の手触りも良くて
感動しました。

お宮参りの衣装を決めて
お店をうろうろしていると

小物も可愛い!

キャーキャー!と心の中で叫びながら見ていると
着物屋さんで着付け教室が開催されているというチラシを発見

その日はチラシだけ持って帰りましたが
着物に出会った感動が忘れられず
自分で着てみたいという願望が抑えられずに
着付け教室に入会しました。

(Visited 32 times, 2 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする