あつ森はメンタルに良い?あつ森にドハマりする大人の楽しみ方と中毒性

2020年のクリスマス、あつまれどうぶつの森とニンテンドースイッチをはじめて手にしました。

私:昭和の最後のほう生まれ、小学生の時にスーファミや初代プレイステーション、ゲームボーイや赤いファミコンをプレイ。ドラクエは5までハマっていた。ぷよぷよやマリカーは好きで得意だった、小学生以降ゲームとは無縁の生活を送ってきた女性です。

どうしてもあつ森をやってみたくなりました。

やってみて思ったのは、

ひょっとして、このゲームって、子どもよりも大人が楽しいんじゃ、、、?

ゲーム、、、?それって楽しいの?と思っている大人もこれをやったら多分びっくりしちゃうと思います。

この記事では、

大人のゲームへの偏見について・遊びは学び

このゲームのおもしろさ

あつ森をやるとメンタルヘルスが向上する???

逆に中毒性があるのか???

を中心に「あつ森」について語ります。

本体を持ってなくても、セットで買えばすぐできます!

(※Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくは運営者情報をご覧ください。)

大人が抱くゲームへの偏見

ゲーム本題の前にニンテンドースイッチについて。

ファミコン→ゲームボーイ→スーファミ→初代プレステ/Xボックス/セガサターンを小学生の時にプレイして、そこからゲーム歴が止まっている自分としては、まず起動の速さに驚き、感動しました。

ソフトをフーフーせずとも、起動をドキドキしながらオープニングのサウンドを聞きながら待つ時間はなく、スッと立ち上がることが驚きでした。

そして、ゲームをダウンロードする!?(ソフトを買うか、ダウンロードするか選べる)、リモコンが・本体が軽いこと・小さいこと、テレビにつないでプレイすることもできるし、本体のままもできるし、本体を立てかけて立たせて、リモコンを取ってもプレイできるという3種のやり方にもう驚きました。

私含め、ゲームにあまりなじみがない人間からすると(特に年齢が上がれば上がるほど・頭が固くなればなるほど・視野が狭くなればなるほど・遊びや流行りに疎くなればなるほど)、ゲームについて・ゲームをやる人達(子ども・おとな)に対してこんな風に思ってしまいがちだからです
・ゲームに時間を使ってないで、勉強しろ・生産的なことをしろ

・ゲームなんて子どもの遊びだ

・ゲームをする大人にロクなのはいない

・ゲームは教育に悪い

・ゲームは子どもに悪影響だ

ゲームって、本当にすごい。テクノロジーは日々進化していて、大人が本気で遊ぶとすごいものが誕生するんだなあ。

【次ページ】ゲームやテレビ・YouTubeは「悪」なのか?

(Visited 232 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする